「人の行く裏に道あり 花の山」極 裏ワザ・裏心理学

ブログ管理人のチコです。金儲け、仕事、恋愛、勉強……どんな場面でも使える禁断の裏ワザ・裏テクニックを徹底紹介。人生を思いのままにできる禁断の裏雑学を試してみましょう。 裏雑学は随時更新予定です。裏ネタも順次追加していきますので、ご期待ください。

【生活編】人前で涙を見せないようにするには


口を開けろ



何か泣きそうなことがあっても人前で涙を見せるわけにはいかない、そんな時もあるだろう。



実は泣きそうなときに涙をこらえる方法があるのだ。



それは口を開けること。軽く開ける程度で問題ない。これだけで不思議と涙が出なくなるのだ。
大口を開けるわけではないので、人がいる場所でも不自然にはならないだろう。



人間は、口を開けていると集中してものを考えられなくなるという。
そのため、泣くこともできなくなるというわけだ。



これでもまだ涙が出そう、という場合は「承泣」というツボを押してみよう。



承泣は、目のまわりの骨のふちにあるツボ。鏡を見たとき、瞳孔の真下に位置する。
このツボは、目をハッキリさせる作用や、涙を止める作用があるツボで、眼精疲労や涙目に効果があるという。



もし、それでも泣いてしまったら、まぶたはこすってはいけない。自然に流して頬の付近まできたら拭き取るようにすると腫れが抑えられる。



…と、ここまでの一連の流れを意識できれば、高ぶった感情は落ち着いて涙も止まっていることと思うが、どうだろうか?